ブログ

USB2.0オーディオインターフェースのUSTREAMスタジオ活用

18チャンネル・オーディオ・インターフェースの導入テストを行いました。

機種はPreSonus(プリーソナス)社のAudioBox 1818VSL

PreSonus AudioBox 1818VSL

PreSonus AudioBox 1818VSL

この1Uのユニット「PreSonus AudioBox 1818VSL」はUSBオーディオ・MIDIインターフェース。
主に音楽制作で利用される高品質なオーディオキャプチャ・ユニット。

メーカーサイトには
”PreSonusのUSB 2.0オーディオ/MIDIインターフェースであるAudioBox VSLシリーズは、ハードウェアとソフトウェアにデジタル・ミキサー機能を統合し他社を圧倒するオーディオ・クオリティとバリューを提供します。ハイエンド24-bit 96kHzコンバーター、XMAXクラスAプリアンプ等を強固なメタル・シャーシに搭載。DSPベースのソフトウェア・ミックスに加えて、OSをバイパスしカーネル・レベルで実行する新しいPreSonus Virtual StudioLive™(VSL)ソフトウェアによって、モニターおよびレコーディング時にリバーブ、ディレイ・エフェクトおよびStudioLive™ 16.0.2のFat Channelセクションと同等のチャンネル・ストリップ(コンプレッサー、リミッター、セミパラメトリックEQ、ハイパス・フィルター)を超低レーテンシーで実行が可能。これらに加えて、シームレスに統合された次世代のDAWであるStudio One™ Artistも標準装備しています。”
と説明 されています。

ハードウェアにはマイク入力レベルを操作する「ゲイン」しかなく、ミキサー機能のツマミはついていないのでミキサーコントロールするソフトウェア「Virtual StudioLive」をインストールします。

Virtual StudioLive

Virtual StudioLive

このVirtual StudioLiveで音量のコントロール、コンプレッサーやリバーブ等の音響エフェクトの付加・コントロールが通常の音声ミキサーと同様にできます。
Virtual StudioLiveでコントロールしたミックスはハードウェアのメインアウトから出力されました。

 

しかし、ここで問題が。

ヘッドホンアウトからマイク入力に入れた音が出ませんでした。そして色々格闘すること数分…解決。

AudioBox 1818VSL ヘッドホンアウト

AudioBox 1818VSL ヘッドホンアウト

実はヘッドホンアウトはメインアウトが出力されるのでは無く、「OUT7-8」へ送ったチャンネルが出力されるという仕様のようです。

各入力チャンネルのバス送りフェーダーでOUT7-8へ送ると無事ヘッドホンから音がモニターできます。

 

さて、音が入力・出力できたところで、USBオーディオキャプチャーデバイスとしてUSTREAM Producerで使えるかどうか繋いでみました。

結果は…

マイク入力1がLチャンネル、マイク入力2がRチャンネル」として認識するだけで、ミキサーのミックスアウトをUSTREAM Producerのオーディオ入力として認識させることはできませんでした。

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステション)ソフトなどでは各入力チャンネルから出力チャンネルの18インターフェイスを認識しますから、各チャンネルのマルチ録音ができますが、USTREAM活用としては「ソフトウェアコントロールできるアナログミキサー用途」としての活用となり、USBミキサーとしての機能としては使えません。

 

ヘッドホンアウトはミックスアウトではなくバス7-8アウト」、「一般的なソフトウェアではUSBオーディオとして認識するのは1/2チャンネルのみ」。
この辺の仕様がマルチトラック録音用 ハードウェアならではですね。

Virtual StudioLive

パンダスタジオ小山大蔵先生 今週のお花12/2(金)

株式会社キバンインターナショナル http://kiban.jpパンダスタジオ http://pandastudio.tv/ のエントランスには、毎週月曜日にフラワーデザイナーの小山大蔵先生がお花を飾ってくださり、写真も撮ってくださっています。どうぞご覧ください。

Ustream配信パンダスタジオのご見学はこちらからお気軽にどうぞ。 http://pandastudio.tv/

SAMURAIがやってきた!

Apple ProRes ポータブルディスクレコーダー「Atomos Samurai」

パンダスタジオに新しいHD-SDIレコーダー「Atomos Samurai」を導入しました。

Atomos Samurai

Atomos Samurai

 

今まではHDMI入力のHDレコーダー「NINJA」でUSTREAM中継のバックアップを行ってきましたが、今度のSamuraiは「HD-SDI」入力です。

SD-SDI

SD-SDI

ミニBNC端子がSamuraiの本体についており、付属の変換ケーブルでBNCケーブルにつなぎます。

 

Samuraiは丈夫なケースに入っていて、外中継現場への持ち出しも安心。

Samurai専用ケース

Samurai専用ケース

Samuraiのセット一式

Samuraiのセット一式

 

パンダスタジオのUSTREAM中継ではこれらの業務用HDレコーダーを使ってスイッチャーアウトの映像をバックアップ収録も行っています。
バックアップ他にも後日の編集素材にも活用できます。

シネマカメラがUSTREAMスタジオに?

デジタルシネマカムコーダー PMW-F3K

最新カメラのデモ機をお借りしました。

SONY PMW-F3K

SONY PMW-F3K

” デジタルシネマカムコーダー『PMW-F3K』と『PMW-F3L』は、スーパー35mmフィルムのサイズに相当する、新開発のスーパー35mm相当単板CMOSイメージセンサーを採用し、映画用フィルムカメラ同様の浅い被写界深度での撮影が可能です。”

というメーカーページの説明。

短焦点レンズのボケ味が映像表現を加速させてくれるようです。

パンダスタジオで人物を撮ったり、外の風景を撮ってみるのが楽しみです。

SONY PMW F3 Test Reel

 

 

Ustream番組の高音質化計画:マイクソムリエ誕生!?

高品質な収音が可能なUSTREAMスタジオを目指します

今週はマイクを新規に3本試験導入しました。

ErectroVoice RE-20、SHURE SM63、AUDIX F-15(左から)

ErectroVoice RE-20、SHURE SM63、AUDIX F-15(左から)

ErectroVoice RE-20はTV番組で有名DJさんが使っていて有名な風貌のダイナミックマイク。
ナレーションスタジオやラジオブースによく導入されています。
男性ナレーションを録るとガッツのある音。
あとはバスドラムの収音にも使われ、大きな音に強い太いサウンドが特徴です。

 

SHURE SM63はインタービューマイクとして有名。
テレビのワイドショーや報道のインタビュー時によく見るマイクです。
無指向性ダイナミックマイクという特性なのですが、人の声を聞きやすい音に 拾ってくれます。

 

AUDIX F-15は細いコンデンサーマイク。
電源を必要とするマイクで繊細な音も捉える高性能マイクです。
このマイクは安価なのですが、音はとても素直によく拾ってくれます。
見た目も細くシンプルなので、マイクを沢山置くような複数人でのテーブルトークの収録によさそうです。

 

音のよいUSTREAM配信ができるノウハウもパンダスタジオは研究していきます。

 

関連記事

  1. NAB SHOW REPORT (7) TriCaster800…
  2. 七葉弦楽四重奏団さまの「声」を紹介
  3. 日本頭脳スポーツ協会 前野茂雄さま
  4. 100改善プロジェクト 100改善達成
  5. 着実にパンダが増加中、、、
  6. 触っちゃいけない!たしかに触っていないけど、、、
  7. TriCaster40オールインワンパッケージのレンタルを開始し…
  8. 「出版甲子園」のPRムービーを撮影。その様子を公開します
PAGE TOP

東京都中央区・大阪市中央区・福岡市中央区の映像総合会社 PANDASTUDIO.TV

レンタルスタジオパンダスタジオ浜町(浜町スタジオ) | パンダスタジオ秋葉原 | パンダスタジオ駒込 | パンダスタジオ大阪 | パンダスタジオ福岡Cube |

パンダスタジオのサービス録音(MA)・編集(ポスプロ) | 生中継 | スタジオ構築 | eラーニング | 映像機器レンタル | 大型LEDビジョン レンタル | 動画の学校 | 採用情報 |

パンダスタジオの関連サイトキバンホールディングス | キバンインターナショナル |