ブログ

日本初フルプラグド専用スタジオをスタート

Roland ヴァーチャル音源Vシリーズを使用した仮想ライブスタジオを提供

株式会社キバンインターナショナルはこの度、ヴァーチャル音源とクロマキー合成を利用した企画「フルプラグド」スタジオのサービスの提供を2012年3月3日午後3時33分開始します。

フルプラグド」とは、「アンプラグド」(「プラグを抜いた」という意味。電子装置を使用しない楽器を使った演奏スタイル)とは反対の意味を持たせた言葉で
「電子楽器を使った演奏をダイレクトに音響機器へプラグインしてミックスし、演奏者・視聴者のヘッドンモニター(インイヤー・モニター)やインターネット配信のプレイヤー上で音楽を聴くことが出来る音楽ライブスタイル」
を表現した言葉です。

キバンインターナショナル パンダスタジオでは、以下の音響機器と楽器を導入しフルプラグド演奏のライブ収録やインターネット配信、またクロマキー合成処理による仮想スタジオ・ステージを使ったプロモーションビデオ制作が出来る空間をご提供いたします。

 

V-Drum 「V-Pro Series TD-30KV-S」

V-Drum

2月末発売の電子ドラム最新機種。

■ ステージでの存在感が際立つ、クールかつ高級感あふれるルックス。
■ V-Drums SuperNATURALサウンド・エンジンで、自然かつ表現力豊かなドラミングが実現。
■ ドラムをカスタム・オーダーする感覚で、膨大な音色バリエーションが作成可能。
■ 高解像度センサーを搭載。繊細なニュアンスまで検知するVパッド&Vハイハット。
■ シェル・カラーは重厚なブラック・クローム。交換式カバリング・システムにも対応。

http://www.roland.co.jp/V-Drums/lineup/highend.html#TD30KV

新開発V-Drums SuperNATURAL サウンド・エンジン搭載。

ローランド独自のBehavior Modeling Technologyを初めてVドラムで採用。ダイナミクス、ハイハット・コントロールなどのパッド演奏をサウンドへ的確に反映させるだけでなく、連打やロールのようなドラム特有のサウンド・リアクションと、ドラムに適した残響音を再現することにより、心地よい演奏フィールと自然で表現力豊かなサウンドが得られます。これが「V-Drums SuperNATURALサウンド・エンジン」搭載のTD-30の最大の特徴です。

ドラマーの心を満たす、演奏フィールとサウンド。

 打撃から発音までの高速レスポンスを実現し、ダイナミクスや打点位置に応じた音色変化の解像度がさらに向上しました。TD-30はドラム連打時の楽器の振る舞いをモデリングしているので、プレス・ロール、フラム、パラディドル、リム・ショットのフィルインなど、ドラマーが本来ドラムに求める、よりナチュラルなフィールで演奏できます。
スネア・ドラムの場合、ヘッド・ショットからリム・ショットへのスムーズな音色変化や、リム・ショットの深さによる音色変化など、スネア・ドラム特有の繊細な演奏テクニックにも対応しています。
そして、ドラムの中で最も複雑な表現が求められるハイハットの演奏性能もさらに進化しました。オープンからクローズへ無段階に変化し、ハーフ・オープンの安定した演奏も可能、少し開いたスライト・オープン、クローズからさらにペダルを強く踏み込んだプレス・ハイハットなどの繊細なコントロールも可能です。クラッシュ・シンバルでは、パワフルな強打だけでなく、シンバルに軽く触れるような演奏も可能。さらにスウェル奏法のような連打では、音が自然でなめらかにつながります。
ライド・シンバルでは、叩く強さと打点位置により音色がさまざまに変化し、シンバル特有の表情豊かなサウンドが得られます。

豊富な音色バリエーションと音づくりの可能性。

ロック、ジャズ、ダンス・ミュージックなど幅広い音楽シーンに即座に対応できるように仕上げたプリセット・キットは全部で100種類。単なるドラムの種類の豊富さだけでなく、録音スタジオのコントロール・ルームで調整されたレコーディング・サウンドや、ライブ会場の客席で聴くことができるライブ・サウンドなど、実際のプロの現場で電子ドラムの可能性を広げる音色を持ったキットが搭載されています。
ひとつひとつの音色には、キック、スネア、シンバルなどのアコースティック・ドラム、エレクトロニック・ドラム、パーカッション、エフェクト・サウンドなど、全部で1,100種類あり、Vエディット機能を駆使すれば、実に2,000万種類以上もの音色バリエーションが作成できます。ひとつひとつのドラムをカスタム・オーダーする感覚で、材質、サイズ、チューニングといった個々の楽器の選定から、オーバー・ヘッドマイクやルーム・アンビエンスの調整、音量、エフェクトの調整といったレコーディング環境まで、演奏場所を含む音づくりのすべての作業をTD-30だけで完結させることができます。

プロ仕様にこだわりながら、ドラマー向けに機能を最適化。

あらゆるニーズに対応できるよう、細部のスペックまでこだわり抜いたTD-30。ドラマーが演奏しやすいように、スネア、キックなどパッドごとの音量バランスが即座に調整できるグループ・フェーダー、ヘッドホン専用ボリュームつまみ、各パッドを割り当てて出力できるアウトプット・アサインを備え、そのすべてにおいてプロ仕様を徹底。高度な使いこなしをサポートするとともに、ライブやレコーディングの現場で万全の対応力を発揮します。また本体内には、手軽に演奏の録音/再生が行える6パートのシーケンサーを搭載。トレーニングでの演奏チェックをはじめ、フレーズのアイデアを簡単に記録できるなど、ドラマー用に最適化された仕様となっています。

ドラマー自身の手で、あらゆるエフェクト処理が実現。

Vドラム音源のフラッグシップTD-30は、エフェクトも最高水準のクオリティを誇ります。ドラム特有の臨場感を生むアンビエンス、パッドごとに設定可能なコンプレッサー、3バンドEQ、リバーブやディレイなど、21種類の効果を内蔵したマルチ・エフェクトを装備。マスター・コンプレッサーと4バンド・マスター・イコライザーを活用すれば、最終出力されるキット全体の音圧や音質を整えることも可能。つまり、通常はレコーディング・エンジニアによって行われるサウンド処理まで、ドラマー自身の手で行えます。

USBメモリーで音楽ファイル再生、データ・バックアップに対応。

ソング・プレーヤー機能を活用すれば、USBメモリーに収録のオーディオ・ファイルが再生可能。曲に合わせた演奏はもちろん、A-Bリピートによる反復練習も自由自在。バンドの楽曲やソロ・パフォーマンスのバッキング再生など、その用途は実に多彩です。またUSBメモリーには、TD-30の全設定のバックアップを最大99種類保存可能。カスタマイズしたキットや音色を容易に管理でき、USBメモリーからのデータ呼び出しもスムーズに行えます。

パソコンとUSBでダイレクト接続。音楽制作でもパワフルに活躍。

 パソコンとの高度な連携が可能となったTD-30。本体背面にUSB端子を備え、その接続はケーブル1本のシンプルさです。USB MIDIへの対応により、Vドラムでの演奏をそのまま音楽制作ソフトにMIDIレコーディングすることが可能に。通常のオーディオ録音では難しい、編集段階での音色、フレーズの変更が思いのままに行えます。これにより、Vエディットで作り込んだサウンド、パターンやフィルインのアイデアをフルに活かした、こだわりの音楽制作を実現。ドラマーならではの曲作りが心ゆくまで楽しめます。

視認しやすいフロント・パネル。拡張性の高さもVドラムならでは。

 フロント・パネルには、暗がりのステージでも視認性の高い液晶ディスプレイを採用。メタリック・プレートの採用と合わせて、外観デザインもよりプロ・モデルらしく洗練されました。
パッドの拡張にも余裕で対応できる15トリガー・インプット。シンバル、タム、サブ・スネアの追加、パーカションやエフェクト用のパッドの追加など、曲や編成に応じたシステム変更にも柔軟に対応できます。また、8系統のダイレクト・アウト、1系統のデジタル・アウトなど、豊富な出力端子をそなえ、あらゆるニーズに幅広く対応できます。

 

電子ピアノ RD-700NX

RD-700NX

極上のピアノ・サウンドと、PHAⅢアイボリー・フィール鍵盤による優れた演奏性を実現。ライブでの使用を考えたステージ・ピアノ。

RD-700NXは、ステージ・ピアノの定番として世界中のキーボーディスト/ピアニストから支持を集めるRDシリーズの最新鋭モデルです。ステージ・ピアノの核となるピアノ音源にはスーパーナチュラル・ピアノ音源を採用。アコースティック・ピアノの表現力を追求したリアルな音色と、サウンド・フォーカスなどの新機能により、アンサンブルに埋もれない力強いサウンドを実現しています。さらにステージでは欠かせないエレクトリック・ピアノ音色も、新たにチューンナップしたスーパーナチュラルE.ピアノ音色を搭載。鍵盤部にはPHAⅢアイボリー・フィール鍵盤を採用し、サウンドと演奏性、機能面、操作性でさらなるブラッシュアップを果たした、ライブ・ステージのためのデジタル・ピアノです。

  • ローランドの先進技術を融合したSuperNATURAL Piano音源を搭載。
  • エレクトリック・ピアノ音色には好評のスーパーナチュラルE.ピアノ・サウンドを搭載。
  • 高い表現力と自然な演奏感のPHAⅢアイボリー・フィール鍵盤。
  • アンサンブルの中で存在感のあるピアノ・サウンドを実現するサウンド・フォーカス機能。
  • 使用頻度の高いピアノとE.ピアノ音色にダイレクト・アクセスできるワンタッチ・ボタンを装備。
http://www.roland.co.jp/products/jp/RD-700NX/

 

デジタルミキサー M-300

M-300

新しい時代のスタンダード・コンソール。V-Mixer M-300。

  • 32ch入力/メインLCR/8 AUX/4マトリクスのミックス・キャパシティ
  • 11種類のエフェクト・アルゴリズム/アウトプット・パラメトリックEQ を標準装備
  • 24ビットAD/DAの高品位な音質
  • 外部PCを使用したリモート・コントロール機能
  • Digital Snakeとの完璧な統合により、シンプルかつ高品位なオーディオ伝送を実現
  • 多彩なREAC 機器を自由に組み合わせたフレキシブルなシステム構築が可能

数多くのSR用デジタル・コンソールの中から、多くの現場/プロフェッショナルがV-Mixing Systemを選んでいる理由があります。

■Advantage #1 優れた音質:Digital Snake

優れた音質を実現するために、入出力ユニット(Digital Snake)とミキサー部(V-Mixer)が分離した、セパレート構造を採用。入力はディスクリート設計の高品位プリアンプ。その直後にADコンバート、そしてデジタルで伝送、ミキシング。また、出力は直前でDAコンバートするため、その音質は極めて高品位。入出力ユニットは、ステージ上はもちろん、ステージ袖やFOH、あるいはマシン・ルームなど、自由にセッティングできます。このクラスのデジタル・コンソールで、入出力ユニットとミキサー部がセパレート構造となったものは、V-Mixing Systemの他に存在しません。
※2010年5月当社調べ

■Advantage #2 直感的なユーザー・インターフェイス:V-Mixer

簡単に理解でき、直感的に操作できるユーザー・インターフェイスを搭載しています。高精細フルカラー・スクリーンにミキシングに必要な情報を表示。パネル上に配置したPREAMP、EQ、PANつまみ/スイッチで、アナログ・ライクな操作を実現します。また、エフェクトやパッチベイなどに直接アクセス可能な専用ボタンも装備。必要なときに、最低限の操作で迷うことなく操作が可能です。

■Advantage #3 最大40トラックのライブ・レコーディングが可能:SONAR

SR システムのデジタル化に伴って、需要が高まっているライブ・レコーディング。V-Mixing Systemなら、PCとREACケーブル1本で接続可能。DAW ソフト、Cakewalk SONARで最大40トラックのライブ・レコーディングを行うことができます。また、V-Mixer 本体に装着したUSBメモリーに2トラックを非圧縮WAVファイルで直接レコーディング可能です。

■Advantage #4 次世代のモニタリング環境を実現:M-48

アーティストの素晴らしいパフォーマンスを引き出す上で必要不可欠な、ステージ上でのモニタリング。V-Mixing Systemは、ライブ・パーソナル・ミキサーM-48と完璧に連携。アーティスト自身の手でモニター・バランスを調整できる次世代のモニタリング環境をシンプルなシステムで実現します。

http://www.roland.co.jp/products/jp/M-300/index.html

 

 

パーソナルモニターシステム M-48

M-48

M-48は、演奏する各アーティスト自身がモニター・ミックスのバランスを自在にコントロールできる次世代のライブ・パーソナル・ミキサーです。ヘッドホンやIEM(インイヤー・モニター)でも臨場感のあるモニタリングを実現。もちろん従来のフロア・モニター・システムにも対応。ライブ・パフォーマンスに、また、収録やレコーディングのキュー・ボックスとして理想的な高音質モニター環境を実現します。

  • ◎ IEM(インイヤー・モニター)に完全対応
  • ◎ 40チャンネル・ミックス、16ステレオ・グループ・コントロールを実現
  • ◎ 直感的な操作を実現するLED付エンコーダー
  • ◎ アンビエント・マイク、内蔵リバーブで臨場感を演出
  • ◎ ライン・アウト端子でフロア・モニターにも対応、さらに充実の出力群も装備
  • ◎ 電源と40チャンネルの音声を1本のCAT5eケーブルで伝送
  • ◎ アナログ/デジタルを問わず、お手持ちのミキサーに接続
  • ◎ V-Mixer「M-400」に接続してREACフル・デジタル・システムを構築
  • ◎ 付属のマウンティング・ブラケットで様々なセッティングが可能

 

ヴァーチャル・スタジオ

パンダスタジオのグリーンクロマキースタジオとスイッチャーを駆使したクロマキー合成で演奏者の背景を自在に変化させ、仮想ステージ空間を表現したり、プロモーションビデオの収録を可能にします。

ヴァーチャルセット

 

関連記事

  1. スムーズに動く三脚を完備です
  2. 3月3日3時33分33秒に『パンダスタジオ神楽坂キッチンルーム』…
  3. 8/3(金)18:30開催 長岡大花火パブリックビューイング 準…
  4. パンダスタジオがスタジオ構築サービスを開始
  5. パンダスタジオいいね!1,000番プレゼント
  6. スタジオカメラはどちらを買うべき?Sony NX5J vs Pa…
  7. SONY業務用カメラNXCAM HXR-HX5Uを2台追加のお知…
  8. 12月6日~8日パンダスタジオ大勉強会を開催しました!
PAGE TOP

東京都中央区・大阪市中央区・福岡市中央区の映像総合会社 PANDASTUDIO.TV

レンタルスタジオパンダスタジオ浜町(浜町スタジオ) | パンダスタジオ秋葉原 | パンダスタジオ駒込 | パンダスタジオ大阪 | パンダスタジオ福岡Cube |

パンダスタジオのサービス録音(MA)・編集(ポスプロ) | 生中継 | スタジオ構築 | eラーニング | 映像機器レンタル | 大型LEDビジョン レンタル | 動画の学校 | 採用情報 |

パンダスタジオの関連サイトキバンホールディングス | キバンインターナショナル |