ブログ

【NAB SHOWレポート】1日目

NAB Show見学1日目のレポート

米ネバダ州ラスベガスにて開催中の全米放送機器展NAB2012(http://www.nabshow.com/2012/default.asp)の視察に来ています。本格的に映像を使ったeラーニング教材の作成のためのスタジオ、パンダスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作ったのが、2010年10月10日。1年半の間に、いろいろなトライをし、改善を進めてきましたが、NAB Showで、下記の様なヒントを見つけて帰りたいと思います。

 

●NAB Showのゴール設定

1.eラーニングに利用できそうな映像機器、映像技術、アイディアを発見し活用するため。
2.スタジオ運営を改善するための映像機器、周辺機器、アイディア、コンセプトを発見する。
3.ライブストリーミング(Ustream、Youtube)のための中継車開発に利用できる映像機器、アイディア、コンセプトの発見
そして、何よりも、株式会社キバンインターナショナル(http://kiban.jp/)が現在向かっている方向性や将来性、ビジョンが、世界的な潮流に外れないものであるかどうか、パンダスタジオ(http://pandastudio.tv/)を更に改良するために、取り入れられることや改善点はないのか、しっかり自分たちのビジネスの中核は何であるか軸をしっかりと持ち、世界中の人たちのアイディアや技術を学びたいと思います。そして、積極的に見聞したことは公開していきたいと思います。

 

 

●ホテルを出ていざNABへ

初めて使うビデオということで、試験撮影したもの。今回宿泊したMonte Carlo Las Vegas resort and casinoの周辺。とても綺麗に整備されています。展示会に参加中に、5D MARK3をインターバル撮影してきたので、後ほど公開します。
どうして映して見たかというと、Tricasterの素材になっているジェットコースターは、このホテルの前なんだと、小さな発見。それだけ。


http://youtu.be/RKk0LSxe6FE

 

 

●小さな中継車

もっとも中継車の作り方で参考になったのが、NAB SHOW2012のDATA VIDEOの中継車。壁にきちんとコンセントが用意されていたり、プレビュー用モニター 40インチが側面に取り付けた済み。19インチラックは、車輪付のもので、積み卸しも考えての設計。細かなことに配慮され、天井には、LEDライトつけられ、明るいのも好­感が持てました。


http://youtu.be/Stf2h-KQ_jQ


http://youtu.be/btehCePvl04

●Roland v-800HD

ROLANDのブースを見てきました。V-1600HDの弟機、V-800HDの実機が展示されているということで、最初に見に行ったのが、Rolandのブース。ブースの周りを半周したビデオをアップしておきます。日本から誰か応援に来ているかとおもいましたが、日本人らしき人はお見かけしませんでした。


http://youtu.be/39_qhO5Ov4M

●ATIOMOS社のSAMURAIの謎のiPadセットのケース

バックアップで利用しているATOMOSのSAMURAIのケースにiPadがインストールされていました。何故?と思い質問しましたが、直接の担当者を捕まえることができず、謎のまま。発売はされる、、、とのことです。


http://youtu.be/XBIA5QE5Xz8

 

●Livestream社の配信機材

USTREAMとLIVESTREAMは似ていたり、異なっていたり。Lvestreamは、色々な細かな部分で、USTREAMより親切。
Livestream社のBroadCasterがNABの会場で展示されデモンストレーションされていました。
どこから見ても、誰が見ても、CerevoLiveBoxのパクリで、赤色はどうなのよ、、、と思っていましたが、実物を見ると、あまり違和感はなく、Livestream社が、ハードまで手がけるのは非常に親切な試みだと感心。USTREAM社の展示はNABになく、それも寂しい限り。


http://youtu.be/-stxpHJm1Jc

●LiveStream社のfully Portable Desktop PC Encoder

NABにはこうした液晶までいったいになったポータブルの配信用の機材がいくつか出展されていました。Livestream社のブースでも5000ドルで液晶一体型の配信マシンが展示されていました。わずか5000ドル程度。日本円で、50万円を切っていて、カメラとマイクだけをつなげば、即、配信が出来るセットがあれば売れると思う。JUNSさんあたりが開発しないかな。

●SONY NEX-FS700の実機を確認!!

業務用ビデオ機器の展示会NAB Show2012で、SONYのブースで、NEX-FS700を確認してきました。人気で中々順番が回ってこないので、他のお客さまが触っている様子を撮影させていただき­ました。パンダスタジオ(http://pandastudio.tv/ )に導入を決定しましたが、到着が楽しみです。


http://youtu.be/ysKoSyKhto8

●SONYのコンセプト Belive Beyond HDってどうなのかな?

SONYのコンセプト Belive Beyond HDってどうなのかな?と思う。大変大きなブースで黒ベースのブース設計で非常に楽しかったのだけれど、このコンセプトは、どうなのかな、、、。なんだか、ユーザーに訴え­かけるコンセプトというよりは、HDを超える製品で、新しい売上げを作っていかなければならないSONYさんの祈りに近いな、、、と。


http://youtu.be/i-5Kq83UY1k

●TERADEK社のCut the Cableに注目。モバイル通信機器を4本バンドルして通信

TERADEK社Cut the Cable。4つのモバイル通信機器をバンドル(束ねて)通信できるようです。価格は、8000ドル弱で、決して安い機材ではありませんが、小型であること。TERADEK社の製品は定評があることから、非常に期待ができます。今回NAB SHOW2012で、もっとも興味を引いた機材の1つです。パンダスタジオで、中継車(パンダバード)を制作する場合の通信手段の1つとして検討したいと思います。


http://youtu.be/zIMmZPvPqSE

レポート:西村正宏


Tricaster対応 特製タリーランプ

Tricasterシリーズには本体にタリーランプコネクターが装備されており、タリーランプを接続することができます。

Tricasterのタリーランプコネクタ

Tricasterのタリーランプコネクタ

こちらに接続できるタリーランプを特注で製作いたしました。

タリーランプ接続ケーブル

Tricaster450用タリーランプケーブル

Tricaster450用タリーランプケーブル

8カメ入力のTricaster850/850Extremeに対応したケーブル。

Tricaster850用タリーランプ

Tricaster850用タリーランプ

4カメ入力のTricaster8450/8450Extremeに対応したケーブル。

 

上記のTricaster専用コネクターケーブルとタリーランプユニットをミニジャックケーブルでつなげて使用します。

タリーランプ

タリーランプ

Tricaster専用タリーランプのお問い合わせ・お見積依頼はこちらからどうぞ。
http://pandastudio.tv/?page_id=13

 

Wirecastとクロマキー合成の"ライブ"e-ラーニング

こんにちは、パンダメイド蛯原天です。

 

本日は九州にあるスタジオさんに、

パンダスタジオも配信やe-ラーニング収録で使用している、Ust配信用上級者ソフト「Wirecast」の使い方とクロマキー合成の仕方をパンダスタジオの頭脳こばやしさんが指導しておりました。

Wirecast自体の講座は、パンダスタジオでも現在e-ラーニングでご案内中で、

>Wirecast講座 e-ラーニングのページはこちら

大変にご好評ではございますが、

なんと今日小林さんはそれを上回るe-ラーニング。

「ライブe-ラーニング」というものに挑戦しております!

トライキャスター

TriCaster450Extreamを使い、実際にWirecastを操作している様子やビデオ教材を交互にUst配信しながら、

実際に九州のスタジオの方とスカイプで繋ぎ、現地の機材の設定の様子などを見ながらこばやしさんが指導していくというもの。

遠隔でもこうやって授業できるんだなーと、ものすごい未来に来た気分になりました。

ライブe-ラーニング

現場はとんでもない設営になっております…。

配信に関わる映像の出力用PC2台、トライキャスター、Skype用PC、Ust配信の確認、かえしのモニターなどなどを、一人で操作し授業をしているわけです。

こんなにたくさんのモニター見て一人で仕事するのは、デイトレーダーかこばやしさんくらいしかいないのではないかと思います…。

さて、それぞれの役割をまとめましたのでこちらをご覧下さい。

こばやしさんの神配信

…こばやしさんの脳みそはどうなっているんだろう。。

とにかくバラバラに出力してるPC画面やカメラの映像、また音声を、ひとまとめにして配信できる形にしてくれるトライキャスターの魅力は計り知れません。

これ1台にとてつもないパワーが詰まっております。このトライキャスターは、ぜひパンダスタジオに足を運んで頂いて触って頂きたい。

もちろん無料で触って頂けます!

>無料体験お申し込みはこちら

 

 

そんな訳で2時間程で「Wirecast」とクロマキー合成の授業は終了しました。

天も隣で聞いていましたが、Wirecastの高機能でありながら使いやすく、汎用性も高い面を知ることができました。

色々なウェブキャストアプリケーションを使ってみて限界を感じたり不便を感じている方は本当にオススメです。

 

また使い方については、パンダスタジオのプロフェッショナルがe-ラーニング講座をご案内しております。

なんとですね、新発売講座ということで価格15,000円のところ、

今なら90%OFFの 1500円!!!!!

>Wirecast講座 e-ラーニングのお申し込みページはこちら

この機会にぜひWirecastに乗り換えてみてはいかがですか?^^

 

蛯原天でした◎

関連記事

  1. スタッフ名札ができました
  2. NAB SHOW REPORT (11) TriCasterが大…
  3. 【パンダスタジオ事例】3/24(月)eラーニング『AFT色彩検定…
  4. パンダスタジオ7/30(月)のお花
  5. USTREAM用スタジオ「パンダスタジオ」の時計はパンダ
  6. 最新CGソフトのイベントがジャイアントパンダスタジオで開催されま…
  7. 黒スタジオにクロマキーカーテンが導入されました
  8. 【パンダスタジオ事例】本日8/10(金) eラーニング『販売士受…
PAGE TOP

東京都中央区・大阪市中央区・福岡市中央区の映像総合会社 PANDASTUDIO.TV

レンタルスタジオパンダスタジオ浜町(浜町スタジオ) | パンダスタジオ秋葉原 | パンダスタジオ駒込 | パンダスタジオ大阪 | パンダスタジオ福岡Cube |

パンダスタジオのサービス録音(MA)・編集(ポスプロ) | 生中継 | スタジオ構築 | eラーニング | 映像機器レンタル | 大型LEDビジョン レンタル | 動画の学校 | 採用情報 |

パンダスタジオの関連サイトキバンホールディングス | キバンインターナショナル |