ブログ

【配信事例】美しい音色のギターでスタジオライブ!-和佐竹倶楽部Vol.38

ギタリストの丸山ももたろうさんを迎えての音楽番組

爆風スランプ/X.Y.Z.→Aで活躍するベーシストBBQ和佐田さんとシンガーソングライター竹内藍ちゃんが友人ミュージシャンをゲストに招いて楽しくお送りする番組「和佐竹倶楽部」の配信を11月26日に行いました。

和佐竹倶楽部

丸山ももたろうさん(中央)・和佐田達彦さん(左)・竹内 藍さん(右)

今回のゲストは、ギタリストの丸山ももたろうさん。松山千春さんのギタリストでもあります。

 

配信はオレンジスタジオから行い、TriCaster455をスイッチャーと配信マシンに使っています。

カメラは3カメ固定。背景には草原の写真をクロマキー合成しています。

番組中のスタジオライブにはRoland V-Mixer M-300とM-48を使い、ミュージシャンがやりやすいモニタリング環境と高品質なミックスを心がけました。

ももたろうさんのギターの集音にはパンダスタジオ・オリジナルのハンドメイドマイクmodel383を使用しています。

アーカイブで是非、丸山ももたろうさんの美しいギターの音色と竹内藍ちゃんの歌声をご堪能ください。

 

UstToday vol.134 TriCaster40、8000完全解剖 in パンダスタジオ

TriCasterシリーズをUstTodayで紹介いたしました

毎週月曜よる9時くらいから大好評配信中!ライブメディア情報番組UstTodayにて、パンダスタジオ導入のTriCaster8000およびTriCaster40の紹介をしていただきました。

TriCaster8000のオペレーションは(株)ディストームさんのご協力により小西正利さんが担当。

そしてTriCaster導入経緯やInterBEEにおけるTriCaster40ブース等のお話については西村が出演させていただきました。

また、パンダスタジオの特徴である「クロマキー」は実はUstTodayがきっかけだった(!?)という話もしております。

 

 

TriCaster 40

  • コンパクトな筐体にテレビ番組制作に必要なツール全てが搭載
  • バーチャルスタジオを利用したハイクオリティな映像制作
  • インターネット放送、USTREAM、YouTubeのライブ・オンデマンド配信

TriCaster 40の主な機能

  • 4台までのライブカメラ(HD/SD対応)
  • 切り替えを含めた14チャンネルスイッチャー
  • テロップ、タイトル機能
  • クロマキー合成機能・バーチャルスタジオ内蔵
  • コンピュータ画面の取り込み
  • ピクチャー・イン・ピクチャーを含む多彩なトランジション搭載
  • ライブ、デマンドの両方に対応したインターネット映像配信(Flash/WindowsMedia)
  • ハードディスクレコーダー(録画・再生)
  • 操作用専用コントローラ

「TriCaster 40」に関する機能詳細については、以下URLをご覧ください。http://tricaster40.com

TriCaster40 が選ばれる10の理由

  1. 放送局で鍛えられた絶対的な安定性。
  2. 全世界15,000台以上の導入実績。
  3. オールインワンなのでトータルコストを削減することができます。
  4. フルハイビジョン対応。高画質の映像、番組制作の収録・配信が可能。
  5. インターネットにつなぐだけで、PCなしでライブストリーミング配信ができます。
  6. 上位機種と同様に、テロップ、ビデオ再生、クロマキー合成も、これ1台で対応。
  7. 日本専用にカスタマイズされたコントローラで確実・簡単に操作可能。
  8. 持ち運びができるコンパクトなサイズ。省スペース、少人数でライブ配信可能。
  9. 高画質な3Dバーチャルセットが付属。 テレビ局スタイルの番組が可能。
  10. 多くのカメラで、コンポーネント出力可能。コンバータ無しで直接入力が可能。

また、パンダスタジオが提供するeラーニング、トレーニング、サポートで万全のバックアップ。

TriCaster40に関する基本情報

製品名:TriCaster 40(トライキャスター40)

webサイト:http://tricaster40.com

製品内容:TriCaster 40本体、TriCaster 40CS (スイッチャー)、キーボード、マウス

定価:オープンプライス 市場想定価格988,000円(税別)※年間安心パック 別途100,000円(税別)

発売開始日:2012年11月6日より

ストリーミング映像配信に必要なその他の主な機材、環境:TriCaster用PCモニター (解像度:1440×900ピクセル以上)、インターネット環境、カメラ(4台まで接続可)

TriCasterショールームの案内

TriCasterショールームのご案内下記のパンダスタジオで、TriCasterの常時展示、デモンストレーションをご覧いただけます。

パンダスタジオ(株式会社キバンインターナショナル内)
展示機種:TriCaster40/455/855/8000
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
TEL: 0120-958-210 03-5846-5800

パンダスタジオ大阪(株式会社フルフィル内)
展示機種:TriCaster40/455/8000
〒541-0052大阪府大阪市中央区安土町1丁目5-9-6
FTEL:06-4708-7400

パンダスタジオ名古屋栄(株式会社販促ファクトリー内)
展示機種:TriCaster40
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2-13-1小野平ビル5FA
TEL:052-508-7091

※大阪・名古屋でのTriCaster40の展示は、InterBEE後の、11月19日(月)開始を予定しています。

TriCaster 40の国内発売元:

TriCaster40は、株式会社キバンインターナショナルならびに、パンダスタジオで独占販売をいたします。パンダスタジオでは、独占販売権を得たTriCaster40 以外にも、TriCaster全シリーズを販売して参ります。

株式会社キバンインターナショナル
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
フリーダイヤル:0120-958-210 電話:03-5846-5800 FAX:03-5846-5801
メールアドレス:international@kiban.jp

TriCaster国内総代理店:

TriCasterは、株式会社ディ・ストームが国内総代理店です。
株式会社ディ・ストーム
〒102−0076 東京都千代田区五番町2-4 カサ・ド・タク 5階
電話:03-5211-3208 ファックス:03-5211-0207
URL:http://www.dstorm.co.jp/

 

TriCaster8000について

日本初導入のTriCaster 8000

TriCaster 8000は、これまでフラッグシップモデルだったTriCaster 855と同じ4Uラックマウントのコンパクト筐体に番組制作に必要なスイッチャー、テロッパー、クロマキーヤー、バーチャルセット、ノンリニア編集などといった、高度な映像制作に必要な機能がすべて搭載されたライブスイッチング&ライブ配信用機材です。
TriCaster 8000は、これまでフラッグシップモデルだったTriCaster 855と同じ4Uラックコンポーネントを採用。外部10系統のビデオ入力、内部素材6系統に加え、8M/Eのミックス/エフェクトに対応しており、合計24系統を扱うことができます。専用コンソールは、Tバースイッチが機能に応じて色を変えるなど使いやすさを追求しています。

24ch Switcher(外部10ch、内部6ch、8M/E)
ライブカメラ入力 x 8ch
ネットワーク入力 x 2ch
DDR(デジタルディスクレコーダ) x 6ch
Graphic(デジタル素材) x 6ch
フレームバッファ x 9ch
バーチャルインプット x 8ch
-8つの映像入力と6つのDDR(デジタル)さらにネットワークを利用した2つのPC画面入力、タイトル、静止画、24のバーチャルセットなど、合計24チャンネル分の素材をリアルタイムにスイッチング
-ビデオ:4:4:4:4 32ビット浮動小数点演算処理、オーディオ:4ch 96kHz 32ビット浮動小数点演算処理
-1080/30p、1080/24p、1080/60i、1080/50iに加え、720/60p、720/50p、720/30p、720/25p、720/24p、480/60i、576/25iの信号入力をサポート
-4つのDSKチャンネルに加え、1M/Eごとに4つのレイヤーを重ねられ、それぞれ独立したトランジション、3Dポジショニング、クロップ、TransWarpエフェクトを追加可能
-AUX出力設定により、カメラ入力やDDRの映像素材など、プログラムアウトの映像以外の映像を8系統出力
-1080i 59.94の映像では50時間の映像収録が可能
-アルファチャンネル(Fill+Key信号)入力が可能なため、外部テロップシステムの出力信号をサポート
-ストリーミング設定のプリセット化
-マルチビットレートのストリーミング設定をサポート
-メディアプレーヤーに読み込まれたクリップごとのオーディオレベル設定
-Apple AirPlayのサポート。iOSデバイスからのビデオとオーディオの入力
-Windows PCやMacの画面入力(iVGA/ネットワーク経由)
-マルチモニターを利用したワークスペースのカスタマイズとモニター出力
-オーバーレイチャンネルには、3Dの回転や移動、スケーリングに加え、フェードイン、フェードアウト以外のアニメーション効果をつけることも可能
-DDR(デジタルディスクレコーダ)と、外部PC画面入力が各2チャンネル利用可能。
-サウンドプレーヤーの追加により、DDRとは別にバックグラウンドの音声やジングルなどの音声をコントロール可能
-IsoCorderテクノロジー:プログラムアウトを含め、8チャンネルの映像を同時収録
-オーディオ設定のグループ化と映像との同期
-リニアタイムコード(LTC)のサポート
-Animation Store:オーディオやアルファチャンネルを含んだフルカラーアニメーションのトランジション作成機能
-複数のフォーマットでのレコーディング(MPEG2、AVI、QuickTime、H.264)
-オーディオイコライザ、コンプレッサ/リミッター機能
-Apple ProResメディアファイルのインポート
-SATA III HDDホットスワップと増設

お問い合わせ先

パンダスタジオ(東京)では、TriCaster 8000ほか、TriCasterシリーズ全機種、パンダスタジオ(大阪)では、TriCaster40、455、8000をご覧いただき、実際に操作などを体験することができます。是非一度見学にお越しください。
見学のお問い合わせはこちら(http://pandastudio.tv/?page_id=13)から

TriCaster販売のお問い合わせ

株式会社キバンインターナショナル
http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800
E-MAIL:international@kiban.jp (担当:小林・西村)

株式会社フルフィル
http://www.fulfill.co.jp
TEL: 06-4708—7400 (担当:池田・田中)

【事例】TEDxSeeds2012への映像技術サポート

パンダスタジオでは、2012年11月17日10時〜横浜赤レンガ倉庫で開催されるTEDxDeedshttp://2012.tedxseeds.org/speakers.html)の映像制作・ライブ中継を全面的にサポートいたしました。

アーカイブがYouTubeに一部アップロードされましたのでご紹介します。

YouTubeのアーカイブ集再生リスト。

 

Hirohito TOTSUNE [戸恒 浩人]

Daijiro OHARA [大原大次郎]

Kota NEZU [根津 孝太]

Hideshi HAMAGUCHI [濱口 秀司]

Nobuhiro TAJIMA [田嶋 伸博]

Hidetomo KIMURA [木村 英智]

YAMATO- the Drummers of Japan [倭]

Ko TAR [コ・ター]

Hisaya IWASA [岩佐 寿弥]

Yuito YONEYAMA [米山 維斗]

Shinya KOMUGI [小麦 真也]

Hiroshi ISHIGURO [石黒 浩]

Ven. Alubomulle Sumanasara [アルボムッレ・スマナサーラ]

 

 

TEDxSeedsとは

TEDxSeedsは、TED会議が提唱してきた”ideas worth spreading”の精神に共感し「日本のアイデアを世界の人にもっと知ってもらいたい」という想いから出発しました。Seedsという名称には、日本のアイデアの種、世界のアイデアの種、更に古きも新しきも抱合し、未来への種を創造していく場でありたい、という思いを込めて名づけています。

TEDxSeeds会議では2009、2010、2011三度の会議において、思想、芸術、技術などの分野を越え、21世紀の「日本」の種として国内外のそれぞれの風土との激しく、且つ伸びやかなコミュニケーションを広げながら、多種多様なグラウンドにて、日々、大活躍されている皆様に、ご登壇を仰ぎました。「想いからの出発」が、やがて日本で、そして世界で花実へと結ばれるきっかけになりますように。

Curator 佐藤 恵子

TEDxとは

TEDxとは、TED同様「Ideas Worth Spreading」の価値観の下、TED参加者を中心に世界各地域で独自に開催されるプログラムです。TEDxでは、「Ideas Worth Spreading」な生講演やTEDTalksビデオを基に、新たなつながりや熱い議論を世界各地で生み出すことを目的としています。このTEDxの「x」は、各地域で独自に運営されているTEDプログラムであることを意味し、TEDカンファレンスから全体の方針は提供されるものの、それ以外のコンテンツは全て独自に作成されています。

次のリンクからTEDxプログラムの詳細をご覧になれます。こちらからどうぞ。

TEDとは

「TED」とは、Technology、Entertainment、Designの頭文字を表し、この3つの領域が一体となって未来を形作るという考えに由来します。また、TEDとは年に一回行われるカンファレンスの名前であり、またそれを運営する団体の名前です。各TEDカンファレンスでは50回を越えるプレゼンテーションやパフォーマンスを通して、あらゆる分野から発信される素晴らしいアイディアを紹介します。集中してプレゼンテーションに没頭できる環境が提供されるため、多彩なバックグラウンドを持ったスピーカーと参加者の間では、思いもよらない分野からインスピレーションを得ることができ、また互いのアイディアを相乗的に膨らませることができます。 TEDで発生する予想だにしない関連性。並外れた洞察力。強力なインスピレーション。世界で最も注目される人々が集結するTEDでは、マジックのようなことが実際に起こるのです。

http://tedxseeds.org/home/ より

 

 TEDxSeeds映像チームについて

システム面での特徴

  • 少人数で高画質な中継を実現させるため、TriCaster8000の導入とリモートカメラ5台の組み合わせによる映像制作を行います。
  • この映像制作。配信には、TriCaster8000ならびに、TriCaster855が利用されています。
  • パンダスタジオが所有するSONYのシネマカメラ PMW-F3が2台投入されています
  • SONYのリモートカメラが4台投入され、これまでにないアングルの映像をお届けします。
  • 特機(カメラクレーン)として、Libec のJib50とRimo30が投入されています

会場設営の様子

DSC00759.JPG
会場全体の様子(灯籠が会場を照らします)
DSC00770.JPG
TriCaster8000が投入
DSC00071.JPG
TriCasterシステムの構築ならびに同時通訳2系統の音声収録を小林 伸嘉が担当
DSC00095.JPG
Livec jib50 とRemo30を投入
DSC00128.JPG
SONY PMW-F3で田中誠士がオリジナルプロファイルを作成。カメラを担当

 

DSC00105.JPG

ステージ前カメラを池田貴之が担当

 

関連記事

  1. スポーツに特化したライブ中継の配信・録画セットを50万円台〜発売…
  2. パンダスタジオの照明機材を追加14灯ライト×2台
  3. カエルスタジオ『てぶケロ』プレゼント!
  4. 今日の長谷川部長
  5. 内線案内を設置しました
  6. いよいよ本日、第2回パンダスタジオ会議(数席当日申し込み可能です…
  7. パンダスタジオのノウハウを結集:開発の世界一小さな中継車 Sma…
  8. 本日、電話回線工事のお知らせ
PAGE TOP

東京都中央区・大阪市中央区・福岡市中央区の映像総合会社 PANDASTUDIO.TV

レンタルスタジオパンダスタジオ浜町(浜町スタジオ) | パンダスタジオ秋葉原 | パンダスタジオ駒込 | パンダスタジオ大阪 | パンダスタジオ福岡Cube |

パンダスタジオのサービス録音(MA)・編集(ポスプロ) | 生中継 | スタジオ構築 | eラーニング | 映像機器レンタル | 大型LEDビジョン レンタル | 動画の学校 | 採用情報 |

パンダスタジオの関連サイトキバンホールディングス | キバンインターナショナル |