ポストプロダクション事業(映像編集)

ポストプロダクション事業(映像編集)

編集部門の10大特徴

  1. ノンリニアとリニアの2系統の編集室をご用意。作品内容に合わせた、最適な編集形態をお選びいただけます。
  2. 各スタジオとも、ゆとりを持った空間設計。多人数のクライアント様のお立会いにも、対応いたします。
  3. HDcamSRから1インチまで、幅広いテープメディアに対応。お客様の映像資産を有効にご活用いただけます。
  4. テープメディアだけではでなく、XDcamや各種ファイルメディアまで、様々な納品形態に対応。
  5. サブ編集システムとしてFCP(FinalCutPRO)とPremierePROを導入。編集時間の短縮に貢献します。
  6. 全部屋にdeko、Photoshop、Illustrator、aftereffectsを設置。多彩なグラッフィック表現で、作品のクォリティをブラッシュアップします。
  7. ハーディングフラッシュパターンアナライザを使用した、厳密な光過敏チェック。的確な状況分析により迅速な修正にも寄与しています。
  8. Canvass2000A/SST G1による業界標準での字幕入れ。クローズドキャプションの重畳にも対応しています。
  9. DCP作成システムには、業界最高峰のClipsterを導入。圧倒的な短納期を実現しています。
  10. DCP試写室は、DCI スクリーニングルーム基準をクリア。専用測定器を用いた調整により、厳格な色再現をお約束します。

編集部門の業務内容

  • TV番組・VPの編集。
  • TV番組・映画への字幕入れ。
  • クローズドキャプションデータの重畳。
  • ハーディングチェック及び修正。
  • 映像のクォリティチェック。
  • 各種ファイル変換。
  • ファイルからのテープメディアへの書き出し。
  • 各種メディアからのデジタイズ。
  • DCPマスターの作成。

編集スタジオ

401_01

401スタジオ

SONY MVS-8000ASF&プラグインエディターを備えたリニア編集スタジオです。 テロッパーには業界標準のdekoを導入、他スタジオで作成したdekoデータの読み込みが可能で、スムーズな引き継ができます。 テープメディアだけでなく、XDCAMやムービーファイルのようなノンリニア素材にも対応する柔軟性を持ち合わせ、様々な編集形態に対応可能となっていま す。 また、59.94iに加え、23.98Pにも簡単な設定変更で対応可能。TV番組のみでなく、映画の編集も可能となっており、多様なニーズにお応えしま す。 常設機材としてFinalcut pro7、Photoshop、Illustrator、AfterEffects、Doテロップがあり、グラフィックやノンリニア処理、エフェクト付け も可能で、作品のクオリティーアップに貢献します。

403_01

403スタジオ

Autodesk smokeを中心としたHDノンリニア編集スタジオです。 smokeは合成だけではなくオンエア、映画といった長尺ものにも対応しており、幅広くご利用いただけます。 401編集スタジオとのLAN接続により、リニア編集スタジオで作られたテロップやグラフィックなどのデータを共有しており、スタジオを変更してもすぐに 編集を再開を可能としております。 Abobe Photoshop、Illustrator、AfterEffectsで様々なファイルの加工が可能。プラグインのSapphieによってさらに幅広い 表現も可能です。

503_01

503試写室

DCI スクリーニングルーム基準に準拠した試写室です。専用測定器を用いて厳格に色調整されたプロジェクターと、7.1チャンネルにも対応したスピーカーシステ ムで、作品を正しくご評価いただけます。豊富な周辺機材により、DCPのみでなく、各種メディアでの試写が可能となっております。DCP作成前の原版確認 や、Blu-ray試写にもご利用いただけます。  DCP作成システムには、業界最高峰のClipsterを導入。多種多彩なメディアフォーマットから、DCPを作成可能です。


402マシンルーム

豊富な共有機材に加え、常設機材としてFinalcut pro7とPremierePROを設置。 コピー作業、デジタイズ、フォーマット、字幕入れ、来客を伴わない軽い編集など、幅広い作業を行う環境が整っています。

■402マシンルーム常設機材(全編集室と共有)

HDcamSR – SONY SRW-5500、SRW-5000 HDcam – SONY HDW-M2000、HDW-S2000、HDW-M2100 XDcam – SONY PDW-F1600 HDV – SONY HVR-1500A Digitalβcam – SONY DVW-A500 D2 – SONY DVR-28 DVcam – SONY DSR-2000×2、DSR-1800×1 βcam – AMPEX CVR-75 その他VTR - DVDレコーダーDIGA×7 VHS×2 Canvass2000A/SST G1 ハーディングマシン – Harding FPA HD ラウドネスメーター – Yamaki LLM-mini2 Apple Finalcut pro7 Adobe Premiere pro

ポストプロダクション(映像編集)についてのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

株式会社PANDASATUDIO.TVについてのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。

ご希望の内容
見学予約スタジオの(仮)予約技術的な相談お見積についてスタジオ構築に関して中継に関して駐車場の予約その他

貴社名 (必須)

氏名 (必須)

Email (必須)

電話番号 (必須)

件名 (必須)

お問合せ内容 (必須)

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. 弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-62-6 浜町スタジオ2F

電話番号 : 03-4405-9955

電話番号 : 0120-86-2020(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス : hamacho@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は送信ボタンをしてください。

freecall

作る

借りる(貸す)

買う(売る)

  • 映像機器を買う(準備中)
  • 中古機器を買う(準備中)

学ぶ

研究・開発する

  • 研究する
  • 開発する

PAGE TOP