eラーニングコンテンツの制作

●こんなことにお困りではないですか?

  1. 社内教育や情報共有のための教材を整備したいが、紙資料やDVDなどを使用しているので、手間がかかって大変だ。
  2. イベントやセミナーなどをインターネット配信して、営業活動や顧客教育、各種説明会などをより多くの視聴者に届けたい。
  3. 収録や配信などを行っているが、コストの高騰に悩んでいる。

そんな課題を解決するには、パンダスタジオの動画を使ったeラーニングが最適です。

●動画がeラーニングコンテンツに最適な理由

  1. 2倍速など速度を上げて学習することが可能なため、非常に多くの情報を短時間で提供することができる。つまり、紙などでの情報提供と比べ、単位時間あたりの効率が良い!
  2. 利用端末が変わっても、エンコードをするだけで対応が可能。HTML5、HTMLのように端末ごとに開発をしなおしたり、調整をする必要がありません。コストの低減化
  3. パンダスタジオは、ネット配信や番組収録、eラーニング制作の実績が豊富な、頼れるスタジオです!

●動画のeラーニングコンテンツの利用用途

  • 社内研修用のコンテンツの作成。
  • 内定者研修用のコンテンツの作成。
  • 資格取得講座の制作、販売。
  • 動画マニュアルの作成。
  • 販売代理店向けの販売トレーニングビデオの作成。
  • 装置、機械の利用方法の説明動画、学習コンテンツとしての利用。

●パンダスタジオのeラーニング制作方法 3種類

電子黒板

電子黒板を利用

多くの受験コンテンツを、80インチ以上のタッチディスプレイで、スライドに書き込みをしながら授業をする様子を撮影してコンテンツを作成しています。
メリット
+非常に簡単に撮影することができる。
+慣れればセルフで出演者のみで撮影ができる。

デメリット
−84インチより大きなディスプレイが調達できない。
−画面にピントを合わせるため、多少人物のピントが甘くなる。
−慣れないとカメラにお尻を向けてしまいがち。

ノウハウ
逆光で講師の顔が暗くなるのを、照明で解決。
照明が画面い映り込まないような工夫
レンズの歪み(樽形にひずむ)ことを最小に押さえて撮影。
4Kタッチディスプレイを用意。4K撮影を可能に。

電子黒板

クロマキー合成

バーチャルセットやスライドと合成して、eラーニングコンテンツを作成します。背景の画像は、PCやスマートフォンの映像が可能です。

メリット
+背景を大きく、人物を小さく撮影、合成が可能。
+複数人(先生と生徒)の出演が可能。
+ピントが非常にシャープ。
+スタジオの増設がしやすい。
+照明の調整がしやすい。

デメリット
−ブルーやグリーンの服や被写体がNG。
−合成画面が左右逆で、出演者の間違いが発生する。
−HD画質までの対応。4Kはリアルタイム合成不可。
−慣れないと出演者が手元のタブレット目線になる。

ノウハウ
クロマキーに特化して調整された照明。
多くのバーチャルセットを提供可能。

ハイパークロマキー

ハイパークロマキー合成

パンダスタジオが独自に開発した超単焦点プロジェクターとクロマキー技術を組みあわせた撮影方法。

メリット
+電子黒板とクロマキーの良いとこどり。
+背景、出演者ともにシャープなピント。
+背景にうっすらとガイドがでるので、出演者が左右を間違わない。
+セルフ撮影が行いやすい。
+大型ディスプレイを返しに利用し、自然な目線。

デメリット
−出演者に超単焦点プロジェクタの光が被ることがある。
−調整や設定が非常にシビア。
−超単焦点プロジェクタの選択肢が少なく、ファンノイズの対応が必要。
−投影面の工作精度が必要。歪みが気になる。

ノウハウ
シビアな調整が可能。
セルフ撮影の機材を開発。

eラーニングコンテンツの制作手順

  1. どのようなコンテンツを作りたいのか概要をお知らせ下さい。
    電話:0120-86-2020 お問い合わせ:お問い合わせフォーム
  2. ミーティング、サンプルコンテンツの撮影(無料)
  3. eラーニング用の素材(スライド)作成
  4. スタジオで撮影
  5. 簡単な編集(余分な部分のカット)、エンコードして納品。
  6. お客様のリクエストに応じて、SCORMコンテンツ化、LMS(eラーニングシステム)への登録。

パンダスタジオのeラーニングコンテンツの撮影費用

スタジオ費用を支払作成

通常のスタジオレンタル費用を支払ってeラーニングコンテンツを制作する方法です。完全にセルフ撮影の場合は、4時間50,000円(税別)からと非常に安価でコンテンツを作ることができます。

レベニューシェアで作成

スタジオ費用は一切いただかず、作成したコンテンツを販売し、その販売金額の一定の割合を分配する方法です。スタジオ利用料金がかからなず、リスクを小さくして、eラーニングビジネスを開始することができます。

パンダスタジオのeラーニングコンテンツ用の専用エンコーダーの提供

eラーニング用の動画撮影を行った後、携帯電話回線を利用して視聴できるよう、細かなエンコードの設定が必要です。この煩瑣な作業を自動化するために、PANDASTUDIO.TVでは、eラーニング専用のエンコーダーを準備しています。スタジオ収録時に、専用エンコーダーをプレゼントしますので、ご希望の場合は、お知らせください。

パンダスタジオのeラーニングシステム(LMS)について

  1. 端末にあわせた専用動画を配信可能。
  2. システム上で確認テストを作ることが可能。
  3. ユーザーのeラーニングコンテンツの学習状況、テストの点数を一元管理可能。
  4. 受講生に一斉にお知らせをメール送信可能。
  5. PC。Mac、iPhone、iPad、AndroidOSのスマホ、タブレット、ガラケーでの視聴環境を提供。
  6. 倍速再生可能なプレヤーを提供可能(対応OSに制限あり)

パンダスタジオのeラーニングコンテンツの事例

 

eラーニング作成に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

株式会社PANDASTUDIO.TVについてのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-86-2020 でも用件を承ります。

任意ご希望の内容 見学予約スタジオの(仮)予約技術的な相談お見積についてスタジオ構築に関して中継に関して駐車場の予約その他
任意件名
任意貴社名
必須氏名
必須Email
任意電話番号
必須お問い合わせ内容
必須キャプチャ

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. 弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-62-6 浜町スタジオ5F

電話番号 : 03-4405-9955

電話番号 : 0120-86-2020(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス : hamacho@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は送信ボタンをしてください。

freecall

作る

借りる(貸す)

買う(売る)

  • 映像機器を買う(準備中)
  • 中古機器を買う(準備中)

学ぶ

研究・開発する

  • 研究する
  • 開発する

 

 

スタッフBlog

  1. パンダスタジオのカタログダウンロードページ完成
  2. NTTドコモグループに大型LEDディスプレイをレンタル
  3. パンダスタジオの白ホリ工事
  4. _,mlkjn
スタッフBlog一覧はこちら

お知らせ

  1. デフォルトイメージ
  2. 大森のベルポート会場での開幕戦の様子
  3. 実況中継スタジオ_実況解説席
一覧はこちら
PAGE TOP