宇宙戦艦ヤマト 復活篇

2009年11月 Dolby SR-D ・ DTS

※ポストプロダクション事業(東京テレビセンター事業)をiYuno Asia Pte.Ltd.(Singapore)に事業譲渡いたしました。

ヤマトファン待望の劇場用アニメーション『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』がBlu-ray&DVD&UMDで発売決定!!
全ては愛のために。地球の運命を懸けた戦いが再び!!
毎回封入特典 ●宣伝用映像集(特報2種・予告2種・TVCF7種)
●西崎監督インタビュー
●イベント&完成披露試写会
●スタッフ座談会(湖川友謙×小林 誠 聞き手:氷川竜介)
●設定資料デジタルギャラリー

他、仕様 ・小林誠描き下ろしイラストを使用したアウターケースが付属
・ピクチャーレーベル仕様

<ストーリー>人間にとって一番大切なもの・・・・地球。われわれを生み、育てた母なる星。その地球を守るためにヤマトは再び立ち上がる。宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、ときに西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。太陽の300倍の質量を持ち、その巨大な重力によって、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール。今、そのブラックホールが、はるかなる宇宙から刻々地球に迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織し、地球から2万7000光年離れたサイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に会い、第一次、第二次船団が壊滅してしまう。古代進は第三次移民船団の護衛艦隊司令として宇宙戦艦ヤマトに乗り込んだ。かつて沖田艦長のもとでガミラスと戦った古代たちを彷彿させる若いクルーたちとともに、ヤマトは凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上する。しかし、はるか宇宙のかなたには、地球人類の移住計画を阻止すべく、星間国家連合のSUS艦隊が待ち伏せていた・・・
<スタッフ>企画、原作、製作総指揮、監督:西崎義展/エグゼクティブプロデューサー:西﨑彰司、中沢敬明/原案:石原慎太郎/脚本:石原武龍、冨岡淳広、西崎義展/絵コンテ、チーフディレクター:白土 武/キャラクターデザイン、総作画監督:湖川友謙/メカニックデザイン、副監督:小林 誠/作画監督:宇田川一彦、高橋信也/演出:高山秀樹/メカニック演出:羽原信義/総監修:舛田利雄/音響監督:吉田知弘/音楽 オリジナルスコア:宮川 泰、羽田健太郎/交響曲ヤマト、クラシック曲録音:日本フィルハーモニー交響楽団/主題歌:THE ALFEE「この愛を捧げて」/音楽監督、指揮:大友直人/CG制作:オムニバス・ジャパン/制作スタジオ:ヤマトスタジオ/製作:「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」製作委員会

実績一覧

  1. 僕のワンダフルライフ

    2017月9月

  2. 機動戦士 ガンダム The ORIGIN 激突ルウム会戦

    2017月9月

  3. 怪盗グルー ミニオン大脱走 日本語版

    2017月7月

  4. 赤毛のアン 日本語版

    2017月6月

  5. ワイルドスピード アイスブレイク 日本語版

    2017月5月

  6. キングオブエジプト
    キングオブエジプト

    2016年7月

  7. カンフー・パンダ3
    カンフー・パンダ3

    2016年3月

  8. 映画きかんしゃトーマス 探せ!!謎の海賊船と失われた宝物
    きかんしゃトーマス 「探せ!謎の海賊船と失われた宝物」

    2016年2月

  9. 『シーズンズ 2万年の地球旅行』日本語吹替版

    2015年12月

  10. 『I Love スヌーピー』日本語吹替版

    2015年11月

  11. 『エベレスト3D』日本語吹替版

    2015年10月

  12. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II  哀しみのアルテイシア

    2015年9月

  13. 『ジュラシック・ワールド』日本語吹替版

    2015年7月

  14. 『きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物』日本語吹替版

    2015年2月

  15. 『アルプス 天空のシンフォニー』日本語吹替版

    2015年2月

  16. 『エクソダス 神と王』日本語吹替版

    2015年1月

  17. 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

    2014年11月

  18. 『ヘラクレス』  日本語版

    2014年9月

  19. 宇宙兄弟#0

    2014年8月

  20. ヱヴァンゲリヲン新劇場版Q
    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

    2012年11月

  21. 天空の城ラピュタ 英語版
    天空の城ラピュタ 英語版

    2012年3月

  22. 宇宙戦艦ヤマト 復活篇
    宇宙戦艦ヤマト 復活篇

    2009年11月

  23. 映画 『ROOKIES-卒業-』
    映画 『ROOKIES-卒業-』

    2009年3月

  24. レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―  日本語吹替版

    2009年2月

  25. 劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!
    劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!

    2008年12月

  26. レッドクリフ PartⅠ 日本語吹替版
    レッドクリフ PartⅠ 日本語吹替版

    2008年9月

  27. パンダフルライフ
    パンダフルライフ

    2008年6月

  28. インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国  日本語吹替版

    2008年5月

  29. アース 日本語版

    2007年11月

  30. ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序

    2007年7月

 

お問い合わせフォーム

株式会社PANDASTUDIO.TVについてのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-86-2020 でも用件を承ります。

任意ご希望の内容 見学予約スタジオの(仮)予約技術的な相談お見積についてスタジオ構築に関して中継に関して駐車場の予約その他
任意件名
任意貴社名
必須氏名
必須Email
任意電話番号
必須お問い合わせ内容

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. 弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-62-6 浜町スタジオ5F

電話番号 : 03-4405-9955

電話番号 : 0120-86-2020(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス : hamacho@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は送信ボタンをしてください。

freecall

PAGE TOP