Zabbix4.0 インストールする (CentOS7)

先日、パンダスタジオ浜町の回線を強化しました、というお知らせを掲載ましたが、
本日は、回線やネットワーク機器の監視のためのサーバーを構築していますので、メモを残したいと思います。

構築は、社内でGetしてきたサーバーマシンに、サクッとCentOS7をインストールして、以下の記事を参考に行いました
https://blog.apar.jp/zabbix/10640/

SELinux無効化

まずは、SELinuxを無効化します。サーバーを様々な攻撃から守ってくれる有難いツールですが、今回の用途で使う場合は邪魔なので無効化します。

vi /etc/selinux/config
SELINUX=enforcing
→ SELINUX=disabled

書き換えて、再起動(reboot)します。

MySQL インストール

MySQL 8.0 をインストールします。

yum -y install mysql-community-devel
yum -y install mysql-community-server
・デフォルトの認証プラグインを変更します。
vi /etc/my.cnf

#default-authentication-plugin=mysql_native_password
 → default-authentication-plugin=mysql_native_password

ついでに、MySQLの起動と自動起動設定します。
systemctl start mysqld
systemctl enable mysqld

mysql_secure_installation の実行

root ユーザーの初期パスワードの確認します。
grep password /var/log/mysqld.log

以下のような表示がされると思いますので、パスワード部分をメモします。
2019-05-25T13:40:33.257227Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: <パスワード>

mysql_secure_installation コマンドに「–use-default」オプションを付けてを実行します。
root ユーザーのパスワード変更や、不要なユーザーやDBを削除してくれます。

mysql_secure_installation –use-default
(中略)
Enter password for user root: <パスワード> ←先ほど確認したやつを入力します。

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.
New password: <新しいパスワード>
Re-enter new password: <新しいパスワード>←新しいパスワードを設定してください。
この時、8文字以上で英数大文字小文字と記号が含まれているようにします。
あまりにも単純な組み合わせにしても弾かれるみたいです
(後略)

Zabbix 4.0 のインストール

Zabbix 4.0 の yum リポジトリの登録
rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

インストール
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

Zabbix データベースとユーザーの作成

MySQLに、Zabbix用のデータベース(zabbix)とユーザー(zabbix)を作成します。
mysql -u root -p

CREATE DATABASE zabbix character set utf8 collate utf8_bin;

CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY ‘<パスワード>’;
※zabixというユーザーを作るので、そのパスワードを設定します。何かパスワードを入力

GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
quit;

Zabbix 用のデータベーススキーマとデータをインポート
(バージョンが変わるとディレクトリ名のバージョンの部分も変わります。インストールしたバージョンにあわせて指定してください)

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.7/
zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix

※インストール作業に比べて、そこそこ時間がかかります。信じて待ちましょう

Zabbix サーバーの設定と起動

Zabbix サーバーの設定ファイルに、先ほど作成したMySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力します。
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

# DBPassword=
→ DBPassword=<パスワード>

Zabbix 用に設定を変更します。
vi php.ini

# date.timezone =
→ date.timezone = “Asia/Tokyo”

Zabbix サーバーの起動と自動起動設定
systemctl start zabbix-server
systemctl enable zabbix-server

Apache httpd の起動と自動起動設定
systemctl start httpd
systemctl enable httpd

また、動作確認用に Zabbix エージェントも起動しておきます。
systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

Zabbix エージェントの動作確認
[root@localhost zabbix-server-mysql-4.0.7]# zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
4.0.7

firewalld設定

HTTP(80/tcp) と HTTPS(443/tcp) を開けておきます。
firewall-cmd –add-port=80/tcp –permanent
firewall-cmd –add-port=443/tcp –permanent
firewall-cmd –reload

空いたことの確認
firewall-cmd –list-all

public (active)
target: default
icmp-block-inversion: no
interfaces: enp3s0
sources:
services: ssh dhcpv6-client
ports: 80/tcp 443/tcp
protocols:
masquerade: no
forward-ports:
source-ports:
icmp-blocks:
rich rules:

※ports: 443/tcp 80/tcp ←この表示があればOK

初期設定

ここまでやってやっとインストール終わりです。
それでは、初期設定を行いましょう
ブラウザで下記URLを開き、初期設定を開始します
(IPアドレスは自身の環境に適宜変更)
http://<IPアドレス>/zabbix/

「Next step」をクリックします。

アクセスできない場合、httpdが立ち上がっているか、そもそもIPは正しいか、確認しましょう

すべて「OK」であれば「Next step」をクリックします。

「Password」欄に、MySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力し「Next step」をクリックします。

そのまま「Next step」をクリックします。

設定した内容の最終確認です。間違えがなければ「Next step」をクリックします。

「Finish」をクリックすれば、初期設定完了です。

ユーザーパスワードと言語の変更

初期設定が終了すると、Zabbixのログイン画面が表示されますので、初期ユーザーでログインします
Username:Admin
Password:zabbix

[Administration]→[Users] をクリックします。
Alias列の「Admin」をクリックします。
Users設定画面 Adminユーザーをクリック
「Language」を「Japanese(ja_JP)」に変更したら「Update」をクリックします
また、
Userタブを選択し、「Change password」をクリックします。
パスワードの入力欄が表示されますので、パスワードを入力し、「Update」をクリックします

一度ブラウザをリロードすると日本語表示になります


はい、これでやっと、サーバーの方は準備できました。監視される側の設定は、また別の回にて。

というわけで、インターネット接続回線も強化されたパンダスタジオ浜町をご検討の方は、以下のURLを参照ください。
パンダスタジオ浜町
https://www.pandastudio.tv/studio/astudio/

 

お問い合わせフォーム

株式会社PANDASTUDIO.TVについてのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-86-2020 でも用件を承ります。

任意ご希望の内容 見学予約スタジオの(仮)予約技術的な相談お見積についてスタジオ構築に関して中継に関して駐車場の予約その他
任意件名
任意貴社名
必須氏名
必須Email
任意電話番号
必須お問い合わせ内容

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. 弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-62-6 浜町スタジオ5F

電話番号 : 03-4405-9955

電話番号 : 0120-86-2020(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス : hamacho@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は送信ボタンをしてください。

freecall

関連記事

  1. 今日はCM撮影でした。
  2. 浜町スタジオ、今日のワンポイント改善!(4月22日号)
  3. 浜町スタジオーBスタジオ全景 PJSseason4 Phase2 Grade1 Day4
  4. 日本企業採用博覧会(韓国ソウル市にて開催)に参加
  5. Zabbixを使用したネットワーク監視 その2
  6. スタジオノ白ホリの塗装メンテナンス Bスタジオ搬入ゴンドラ作業
  7. 3Play4800 7月18日 eスポーツ現場の必須アイテム! 3Play 4800…
  8. 東京キー局のゴールデンタイム放映番組を収録しました

スタッフBlog

  1. 浜町スタジオBスタジオ
スタッフBlog一覧はこちら

お知らせ

  1. デフォルトイメージ
  2. デフォルトイメージ
一覧はこちら
PAGE TOP